上達のコツ集

窓開けとは・・・?なぜおきるのか?

更新日:

6月になりましたね!(^^)!

お久しぶりのポコです!

さて 今日のお題は「窓開け」についてです

 

窓開けとは・・・?

英語では「ギャップ」といいます

ギャップアップ ➡ 終値よりも始値が 空間を開けて更に上のレートにある状態 (値が上に飛ぶ)

ビャップダウン ➡ 終値よりも始値が 空間を開けて更に下のレートにある状態 (値が下に飛ぶ)

ローソク足とローソク足は常に終値と始値が隣り合わせで始まるものですよね?

窓開けとは それを無視してポッカリ空間をあけて

あらぬ場所からローソク足が始まっている状態にあります

 

なぜ?窓は開くのか?

窓開けの理由にはいくつかの要因があるとされています

・ 東京・ロンドン・ニューヨークは土日が休みだが イスラム圏(バレーン市場)は

  金曜日が休みなだけで 土日は取引しているという事

・ 土日の間に 要人発言や戦争(テロ)

・ 窓開け手法を使うトレーダーがそれなりにいるという事

・ 取引業者にもよるところがあり 早いところは4時~取引でき

  一般的には6~7時となっています

 

金曜日に決済した方が良い訳も ある意味納得いただけるのではないでしょうか?

月曜日に相場が開いた段階で

これらの様々な理由により 金曜日の終値と月曜の始値に(空間)差が生じるわけであります

スライド2

 

図をみていただくと分かりやすいですね

この様に空間を作りますが その後ほとんどのケースが窓を埋めにきます

上にも書きましたが

この様なケースの場合にエントリーする「窓埋め手法」というのがあります

言葉の通り 開いた窓を閉めにくる売買方法です(笑)単純ですが有効です

有効ではありまが 相場に100%はありません

次で説明します

 

窓埋め手法

スライド3

 

はい!窓は埋められると言われてるのでショートしたとします

痛いだけですよね( ゚Д゚)

こんな事だってあるわけです

確かに確率としては窓は埋めにくるケースが大半です

一定のルールを自分なりに決めて扱うのなら なんら問題ないと考えます

ただ 単純に埋まるものだから~で保有したら 行って来い相場になった時

切るに切れず ゆでガエル状態で最後退場になりかねないですよね

損切り出来ないが為に 折角のトレンド相場の波に乗れずに

指をくわえて眺める みじめな自分になりますよ(ノД`)・゜・。

 

窓埋めにかかる時間と資金体力

さて 大体がその日の内に窓を埋めるケースが多いわけですが

100%ではないわけです

こちらをご覧ください

スライド4

 

嫌になりますよね(*_*;

40Pipsの窓だ ニヤニヤ♪ レッツショート!!した後

一切安値を割ることなく 爆上げ!(笑)

ルールがあれば切れますが どうです?

大半が埋めると言われてるんだから損失拡大しても耐える?

折角の上昇トレンドですよ?

買えば直ぐに利益になる形ですよ?(笑)

みんなね

自分のポジションがかわいいですからね(-_-;)

このポジションは必ず育つ!利益をもたらしてくれるはず!!勝手な愛情を押し付けます(笑)

子どももポジションも 親の思い子知らず!(笑)

さあ、素敵な妄想に囚われてはいけません 現実をみて対処しましょう!(*_*;

 

例外

ですが!潤沢な資金をお持ちでしたら 話は別です!!(笑)

ポジションが非行に走って 親の思いを踏みにじっても

同様することなく どっしり構えていれば このチャートの様に

そのうち帰ってきます

お帰り♡と温かくその胸に抱いて迎え入れればいいわけです(´ω`*)ちゃりん(笑)

 

世の中 お金持ちが一番お金をうめる構造ってわけです(´ω`*)察

 

我々もそっち側の人間に早くねりましょうね~(^_-)-☆

窓開けについてでした

ポチもらえると嬉しいです(*'ω'*)


YouTubeへのチャンネル登録ポチお願いします☆

 

 

 

-上達のコツ集

Copyright© 初心者から始めるFX入門ブログ FX-Clover , 2018 All Rights Reserved.