ポコです(‘◇’)ゞ

レバレッジ・・・それは説明めんどくせーけど(*_*; FXの醍醐味です(笑)

レバレッジのレバはテコを意味します

FXでテコの原理を使うわけです

 

早い話が

少ない証拠金で証拠金以上の大きな取引が可能となります

 

FXがバクチ的なイメージを持たれるのは コレが故です(一一”)やめていただきたい・・・

 

国内証券会社だと レバレッジ25倍までしかありませんよね

例えば 証拠金10万円とした時 

10万円で最大レバレッジを効かせたら250万円の取引ができるわけです

海外でレバ100倍のところで取引すると たった1万円の証拠金でも100万円の取引ができるんです

あえて1万円で比較してみました(笑)

 

レバレッジ計算方法

レバレッジ = (通貨ペアのレート価格×取引数量)÷証拠金

1ドル=90円の時 1万通貨を買うとする

証拠金10万としたとき

(90×10000)÷100000=9

つまりレバレッジは9倍と計算できるわけです

 

レバレッジが高いとハイリスクでハイリターン ← 誤解です

 

例) 10万円の証拠金でレバ10倍のとき100万円分の取引ができる

    レバ100倍で1000万円の取引ができる

 

てことは・・・

全額負けた場合 → 10倍で取引したら90万  100倍でなら990万円の追証金を払うのか・・・( ゚Д゚)

((+_+))違います!!

正解は・・・

10万円の証拠金で全損した場合 レバは10倍でも100倍でも 損失は10万円と同じです(^_-)-☆

 

これらを踏まえて

1000万円の取引をしたい場合

レバ10倍だと100万円の証拠金が必要になり

レバ100倍だと10万円の証拠金さえあれば取引できてしまいます

 

結果 全損した場合 レバ10倍なら100万円の損失

             レバ100倍なら10万円の損失となる

 

ハイレバになると 少ない証拠金で高額取引ができ 追証も起きにくいわけです

だからみんな 海外口座を利用しているわけですね(=゚ω゚)ノ

 

簡単にすると

国内証券会社だと  沢山証拠金を入れとかないと ロット数が上げられない

海外証券会社だと  少ない証拠金しか入ってなくても 国内よりロット数を持てる

 

資金体力が無いうちは海外口座で 増やしていく事をおすすめします(=゚ω゚)ノ

愛のポチを・・・(*´Д`)