1+4取引ポイント 上達のコツ集

エリオット波動の①+④=反応する理由

更新日:

こんばんは(*'ω'*)ポコです。
最近このネタばかりです。すみませんね。
①+④が楽しくてしょうがない!ってコメントを頂くものですから
ポコもテンション上がってます!爆

動画作って良かった

さて、前回エリオット波動について(・∀・)衝撃的事実をお伝えしました。
見てないんですよ。(笑)

 

取引を意識する場面

私はただのレジサポ転換が好き
「三尊・逆三尊・Wトップ・Wボトム」これが見えたらマークする感じ

ダウさんが言ってましたね?
【トレンドは明確な転換サインでるまで継続する】
であれば、フォーメーションが確認できるまではやることありません。(笑)

もし保有中であれば、フォーメーションが見えるまで
又は、上位足でみる支配波のフォーメーションネックまでなど
目安にします。

大まかな目安になります。
よく言う【頭と尻尾はくれてやれ】って言葉あるじゃないですか
よくできた相場格言だと思います。

 

頭と尻尾はくれてやれの図

それはつまり

エントリーやターゲットの目安になる


(*^-^*)bみてみよう

チャートってこんな動きしかしないのよ。
で、書いてある通り【上下にあるフォーメーションが頭と尻尾】なわけです。
ここがエントリーやエグジットの目安になってくるのよ。

ポイント

  • 黄色のあみかけ=反転ポイント(意識されやすく値が反応しやすい)
  • 緑色のあみかけ=ネックサポレジライン(つまりエリオット①+④ゾーン)
  • 青色のあみかけ=Wトップ/ボトム 三尊/逆三尊(頭と尻尾に値する)
  • 赤色のあみかけ=取引きをするエリア

こんな感じです。

トレンドに乗ると、できるだけ利益を追求したくなりますよね?
ですが一番遠い高値・安値よりも、手前に明らかな抵抗帯が(ネックサポレジ)があるわけですから
ギリギリまで狙わず、その手前で利食いします。

先の方まで狙い過ぎて、跳ね返される経験ありますよね?
そうなる事は、わかってるんですから、ほどほどにって事です。
Twitterでも呟きましたが

腹八分目的な利確で丁度いいと思います。
ついつい自分都合で見ちゃいますが、それが上手く手仕舞うコツです。

 

エリオット波動の①+④=反応する理由

今の図をみたら、ポコのエリオット波動論③もしっくりくると思いますよ。
①+④ゾーンを取引で意識してみてね!って動画内でお伝えしました。

なんでか
要するに、ネックサポレジポイントだからですよ。
そりゃ反応するだろ(笑)

もう一度みてみて

どうかな?

エリオットに限らず、一生懸命に相場を学ぶ人であれば
感動できる図ではないでしょうか?

説明を簡単にすると、なぜ①+④ゾーンで値が反応するのか・・・。
見ての通り、反応せざる得ないでしょ?反発する根拠か重なりまくるからです。
エントリーの際に、値が動きやすいのは根拠がモリモリに重なるからですよ。
値が走りやすいってポイントは(優位性)はじめから決まった場所だと
動画でも言いましたね。

 

加えてこの図には、上位と下位をマルチタイムフレーム分析風に見せています。
流石に気が付いたでしょ?

 

ポイント

①+④=エリオットの⑤波にもなるし、上位では③波の始まりにもなる

トレンドラインがなぜ3回目の反応がいいかわかる?
①+④だからだよ
トレンドライン3点目=5波の始まり
だから反応するんだよ(*^^*)

 

①+④エリオット動画はパート③で解説してます


(*´ω`)b
http://fx-clover.com/?page_id=6574

 

さて、今日はこれくらいにしようかな
なにか皆の閃きに貢献できると嬉しいです(*^^*)またね
今日もきてくれてありがとう

✅【Twitter】https://twitter.com/clover_fx



YouTubeへのチャンネル登録ポチお願いします☆

 

-1+4取引ポイント, 上達のコツ集
-

Copyright© 初心者から始めるFX入門ブログ FX-Clover , 2020 All Rights Reserved.