ども!ポコです(=゚ω゚)ノ

今日は国内と海外の証券会社メリット・デメリットについて

書いてみようと思います

 

国内の証券会社のメリット

海外よりはるかにスプレット(手数料)が低い → ドル円0.3Pips

サポートセンターなど 連絡がスムーズ

信託保全が義務付けられている

 

海外の証券会社のメリット

レバレッジが400~1000倍(少額で大きく稼げる)

メタトレーダーが使える

 

国内の証券会社のデメリット

レバレッジ25倍までしかない (少額で大きく稼げない)

 

海外の証券会社のデメリット

スプレットが高い  → ドル円 1Pips

口座開設・入出金英語

 

さて(‘ω’)こんなもんでしょうかね(笑)

ポコは国内も海外も持っています

海外でも信託保全されている会社をおすすめします

 

スプレット(手数料)が高い低いで 思うことはあるとは思いますが

スプレットが高いと悪い会社というわけではないんです

手数料をしっかりとってる会社というのは つまり儲かっていますから

サービスの質も高く 約定しにくいなんてことも少ないわけです

逆に 手数料が低い国内となると 自然に儲けが少ないわけですから

どこかで稼がなくてはいけませんよね?

サービスの質の低下や ストップ狩り

約定せず滑るなんてことに繋がりかねないんですね

昔ほどでは無くなってきてはいますが

こんな事が裏ではあるわけです

 

だからって 国内はだめ!!ってわけじゃないですからね!!(笑)

今は 国内でもメタトレーダーが使える会社がありますからね

色々開設して 使いやすさをみてみるといいと思います(^_-)-☆

スマホ取引も充実してきましたからね~

ますます!楽しくなりますね!(^^)!

ポチポチお願いします(^^ゞ