日記

FX 手法と時間足について

更新日:

こんばんは(*'ω'*)ポコンヌです♪

今週も終わりですね~

忙しすぎて1週間が恐ろしく早い!

無駄によくわからないまま時間だけが過ぎた・・・(一一")ってよりは全然いいよね(笑)

 

FX 手法と時間足の関係について

よく 悩んでいらっしゃる方が多いので

テーマにしてみました。

どの時間足て取引するのが勝率いいの?的なお話です。

まず、別々に話をすると

 

手法は今学んでいるものでOK!

時間足もどれでもOK!

はい、何が言いたいのかといいますと

時間足を変えると機能しなくなるロジックは無いという事。

手法を変えると時間足によって機能しなくなる話なんてありえないって事。

 

再現性でいう場合も同じです。

どの時間足でもあります。

同じように条件は整います。

 

商材によっては推奨する時間足の組み合わせというものが

あらかじめ設定されている事も確かです。

これも細かくいえば

通貨の特徴によって丁寧に誤差を解説していたり

損切り幅や利益幅が決められていたりするケースもあうでしょう

どれも間違いではなく

根本的に私たちがみているチャートというものは

一見、時間足という枠組みがあり

それぞれの時間足にそれぞれの流れが存在しています。

同じように水平線が引けますし、同じように転換のサインや

レンジ帯、トレンドを形成します。

ぶっちゃけこれ見て何分足かわかりますか?って話です。

 

何分足?

何分足でトレードするのが一番勝率がいいですか?

この悩み・・・。

意味が無いと思いませんか?

どの時間足でも同じように秩序を描き続けます。

 

この画像が日足なのか

M15なのかM1なのか見分けがつきませんよね?

どこにだってある流れの一つに過ぎません。

 

という事は

ここで大事になってくるのは

どの時間足が勝率高いの?って話ではなく

どの時間足が自分のライフスタイルに合っているかが明確になる方が

よほど大事であるという事です。

 

時間足はフラクタルであるというお話です。

 

商材がいくらM5でのエントリーを推奨していたとしても

扱う人間によって

時間という区切りがネックになる人もいるんです。

皆がみんな それに合わせに行く方が無理が出てしまいます。

 

チャートの流れはどの時間足にも平等にあり

大なり小なりの秩序の中に形成されているものです。

全く同じなのです。

 

M15だからM5だからH1だから勝率がいいってことにはならないのです。

 

「推奨している時間足を少し大きくして試してみました。

すると、考える時間が出来たことでしっかり分析し

飛び乗る癖が解消されたように感じます」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

手法はどの時間足にも通用します。

各時間足で機能しなくなる手法はありません

ただ、注意していただきたいのは

時間足が大きいほど勝率は安定します。

時間足が小さいほど勝率は下がりやすいです。

そして

時間足が大きいとチャンスは減ります。

時間足が小さいとチャンスは増える。

昨日も書きましたが一長一短なのです。

今日は手法と時間足の絡みについてでした。

 

H1でもM1でも変わらず同じようにエントリーサインがでます。

イグジットが時間足によって速くなるか遅くなるかがありますが

サインは同じようにエントリー・イグジットでますから

その秩序にそって売買すればいいだけです。

 

さて(*'ω'*)来週も価値のあるポチを心掛けましょう!

焦らず!冷静に!ナイスポチを❤

あ、今日も愛のポチリータ下さい( *´艸`)皆様のおかげで

ランキング10位になってました。

いつも応援ありがとうございます❤


YouTubeへのチャンネル登録ポチお願いします☆

IMG_8830

-日記

Copyright© 初心者から始めるFX入門ブログ FX-Clover , 2019 All Rights Reserved.